岡山電気軌道 社長
小嶋光信

わかやま応援館が3月16日にオープンして、あまりに盛りだくさんの内容で、たま電車に“お耳”がついた話題が吹っ飛んでしまいました。電車ファンにとってはお耳の付いたたま電車は、路面電車では全国初のスペシャルバージョンアップで、こちらがビッグニュースなのですが、ついついマスコミ報道の際に漏れてしまいました。

“たまバス”に加え、このたびの“たま電車”で、岡山市内の路面電車、路線バスに“お耳がついたシリーズ”が走り出しています。
お耳の付いた「たまバス」が来ると、小学生や女子高生が「今日はラッキー」と言ってくれます。このお耳のバスや電車が来るとラッキーキャットに会えたような気分になれるのかもしれません。

さて、たまバスとたま電車で微妙に“お耳”が違うのが分かりますか?

tama_train

2013.03.22
岡山電気軌道株式会社

関連記事
お耳のついた「たまバス」登場

コメントは受け付けていません。